平成28年度 第2回理事会を開催しました

(掲載日:2016年09月13日)

 

平成28年度 第2回理事会を開催しました


 日本貨物運送協同組合連合会(日貨協連)は、9月7日(水)、全日本トラック総合会館(東京都新宿区)において、平成28年度 第2回理事会を開催いたしました。

 当日は別添内容について議論が行われ、「高速道路料金割引制度について」は、8月23日に実施した「高速道路料金の大口・多頻度割引に係る経過措置の延長」に係る要望について報告を行うとともに、9月1日に高速道路委員会が取りまとめた「平成29年度高速道路料金制度等に係る要望事項(案)」について説明を行い承認されたため、近日中に会員宛に本要望書を配布し、各会員の地元でも日貨協連に協調し、積極的に要望活動を行うことといたしました。

 また、熊本地震に係る支援活動として、災害見舞金の募金活動の結果(総額1,000万円)、8月26日に古屋芳彦会長より、熊本県連合会の成松唯幸会長に見舞金を贈呈した旨を報告しました。

 さらに、平成30年度に開催する「第14回トラック運送事業協同組合全国大会」の開催地について、これまで通り各運輸局単位のブロックの持ち回りで開催している理由から、順番となる北海道ブロックにて、平成30年6月に実施することが承認されました。

 加えて、「日貨ETCカード事業の保証期間終了に伴う保証書差入(案)について」「日貨協連 新規加入会員(案)について」「KIT事業 新規加入会員(案)について」「組織見直し特別委員会の中間答申に係る対応」、その他各審議事項について報告を行い、了承されました。

 ○ 平成28年度 第2回理事会 次第 



挨拶する日貨協連 古屋芳彦会長
 
 
 
 
 


TOP